Ohashi, Ishisaki, Ezoe group in Tokyo Metropolitan University, X-ray Astronomy & Astrophysics

山田真也 (Shin’ya Yamada)

  • HOME »
  • 山田真也 (Shin’ya Yamada)

プロフィール

名前

山田 真也 (Shinya Yamada)

身分

首都大学東京 宇宙物理実験室 助教

研究テーマ

  • 宇宙X線天文学、宇宙物理学
  • X線検出器開発、超伝導TES検出器の開発とその応用
  • ASTRO-H衛星の開発
  • 主に「すざく」衛星を用いた観測的ブラックホール研究

連絡先

syamada(アットマーク)tmu.ac.jp

研究関係

これまでの主な研究

国際会議

  • Yamada S : 「Suzaku Wide-band and Temporal Analysis of Cygnus X-1: inhomogeneous
    coronae and cool disk」, “Prague Synergy 2013”, Prague, Chech, 25-29 Nobember (2013)
  • “Status report of the Hard X-ray Detector”, Yamada S. and The HXD team (SLAC,USA,June,2011)
  • Wide-band and Intensity-realted spectral analysis of Cygnus X-1 with Suzaku”, Yamada S.  (SLAC,USA,June,2011)
  • “Suzaku Wide-band Spectral Analysis on Short/Long Time Scales of Cygnus X-1”, Yamada S. (Berlin,Germany,June,2011,)

国内会議

  • 山田真也、「ブラックホール連星のX線観測の現状とALMAへの期待」、”ALMAワークショップ 「ALMAで探るブラックホール高エネルギー現象」”、国立天文台、2013年9月25-26日
  • “「すざく」衛星によるブラックホール連星 Cygnus X-1 の最新成果”, 山田 真也, 牧島 一夫 (弘前大学,9月,2011)
  • “X線観測によるブラックホール観測の現状と今度の進展”, 山田 真也 (首都大,6月,2011)
  • “X線観測によるブラックホール研究の進展と将来展望”, 山田 真也 (早稲田大学,5月,2011)
  • “ブラックホール連星のX線観測の最先端”, 山田 真也 (RIKEN,11月,2011)

一般向け

プレスリリース

一般向け記事

PAGETOP